プロミスでアルバイトしながらお金を借りる為の技 | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスでアルバイトしながらお金を借りる為の技

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミスはアルバイトでも借りることはできる?

プロミスは大手消費者金融であり、多くの人に支持されている人気のカードローンです。日本全国でサービスを展開しているためどこで住んでいても、旅行先でも困ったときにはお金を借りることができる便利なサービスです。

基本的にプロミスを利用する為には働いており安定した収入があるサラリーマンなどの会社員である必要があります。収入があったとしてもそれが年金であったり働いておらず退職金などで生活をしている場合には利用することが難しくなっています。

これはプロミスだけでなく他のカードローンにも言えることです。貸金業法という法律で定められているため、この決まりだけはどうやっても覆すことが出来ません。

何故安定した収入が必要となるのかと言えば、プロミスに限らずカードローンを利用する場合には必ず返済と言う義務が生じることになるので、プロミスとしてもボランティアでは無いため、返済を出来ないと考えられる人は安心してお金を貸すことが出来ないためです。

ねこ

この人にお金を貸しても大丈夫かな?返してくれるかな?
という点をお金を貸す側であるプロミスは一番重要視します。

それと同時に貸金業法では利用者の生活がローンにより破綻しないようにと厳しい制限を課しており、利用する為には必ず返済できるだけの能力があることを重要視しています

 

年金や貯金の場合、働いているわけでは無いので毎月安定して年金を受け取っていた場合でもそれは収入としてカウントされません。貯金の場合も現在所有しているお金があるだけで、新たに収入を得られ手居るわけでは無いのでプロミスの利用が出来ないことになります。

毎月収入がある。という点がとても大事です。

ではアルバイトの場合は?

アルバイトに関しては正社員に比べると大幅に収入の金額は少なくなりますが、金額の大きさは融資額には影響ありますが、融資してもらえるかどうかについては関係ありません。安定して収入を得ているという事実が大事なためアルバイトであっても借入可能です。

そのためプロミスでは正社員ではないアルバイトであってもカードローンの利用が可能となっており、審査さえ通過出来れば正社員同様にカードを使うことが可能となります。

これはプロミスの重視しているのはあくまでも安定した収入であり、アルバイトの場合は金額は少ないにしろそれをクリアできているため審査の対象として扱われることになります。

アルバイトの収入はどれくらいで申込みできる?

プロミスでアルバイトのかたが利用する場合には、どれくらいの収入があれば審査を受けることが出来るのでしょうか。

これに関しては安定した収入さえあれば収入の金額はあまり関係ないと考えてよいでしょう。

アルバイトの仕事や時間によっては年収が100万円の人もいれば200万円を超える人もいます。
中には50万円程度の年収しかないという人もいると思いますが、どのケースの場合も安定して収入を得られていれば特に問題はありません

何故ならプロミスをアルバイトで利用する場合には総量規制の対象となり、総量規制で定められている条件のもとで借りることが出来る金額が決まるためです。

これはプロミスが決めるのではなく、貸金業法の総量規制で決められているものですので、法律に則り利用金額を決めることになります。

そのため収入が少なければそれに見合った金額が限度額となるため、返済さえ出来るのであればプロミス側がアルバイトやアルバイトだから利用を許可しないと言うことはありません

総量規制では年収の三分の一までと言う限度額を設定していますので、年収が50万円のアルバイトの場合は約16万円、年収100万円であれば約33万円、年収200万円のアルバイトの場合は約66万円の利用が可能となります。

年収の三分の一までしか借りることができません。これは法律で決まっているためです。昔はこの条件がありませんでした。そのため、多重債務になったり借金が返せなくなる人が沢山でてきました。そういった状態になるのを防ぐという目的で作られた制限になっています。

そのため年収の金額は特に意識する必要は無く、プロミスの設定している審査基準さえクリアできればアルバイトでも利用可能となります。

プロミスでもアルバイトが申込みできないケース

プロミスはアルバイトやアルバイトでも区別することなく審査を行ってくれますので、審査基準さえクリアできていればまず審査を落ちることは無いでしょう。

しかし中にはアルバイトとして働いているのに審査を通過できない、申し込み出来ないケースも存在してます。

まず一つ目は自分の年収を考えずに申し込みをした場合です。

総量規制があるため利用限度額は年収の三分の一が最大の融資額になります。
そのため、年収の三分の一より大きい金額で申し込みをしてしまうと総量規制に抵触することになるので審査を通過出来ませんし、審査前の段階で受付拒否される場合も有ります。

この場合年収の三分の一以下の金額で申し込みを行えば審査クリアできないと言ったことも回避することが出来ます。

ねこ

借りるきんがく年収の三分の一まで!

次にアルバイトを初めてまだ間が無い人の場合も、申し込みが出来ないというケースに当てはまります。

この場合、アルバイトとして働いているのだから問題ないのではと感じる人も多いと思います。ですが、プロミスを利用する場合に求められるのは安定した収入を確保できているかどうかという事です。

安定した収入があるからこそ返済にも問題が生じることが無いと判断されることになります。仕事を初めて間もない時期は辞める可能性も高いというのもあります。

まだアルバイトを初めて数週間や数か月の場合、仕事をしていたとしてもまだ安定した収入画あるとは言い切れませんし、数週間の場合はまだ最初の給与も貰っていない状態なので収入があるとは言えません。

数か月の場合もわずか数回の収入があっただけなので、安定には程遠い状態だと判断され易くなります。

そのため最低でも半年程度の勤続期間があるなど長期の勤続期間がある状態でプロミスに申し込みをしなくていけません。

半年以上の勤続期間があれば安定した収入があると判断されますし、その期間が長ければ長いほど審査には有利になります。

くま

アルバイトを初めて3ヶ月以内の人は割と辞めることが多いらしいです。新しく入ってきたけど辞めちゃった。という話ききませんか?

年齢もプロミスを利用するのに重要な位置を占めています。

アルバイトで働いており安定した収入がある場合でも、プロミスの設定した年齢制限を超えている場合には申し込みが出来ません。

プロミスの場合20歳以上69歳までが利用できる対象となるため、それ以上の年齢やそれ以下の年齢の場合はアルバイトで働いていても利用する条件を満たしていない為申し込みした場合でも却下されてしまいます。

そのため自分の年齢にも注意しなくてはいけません。

未成年の方はプロミスでお金を借りることはできません。

それと過去に金融事故などを起こした経験がある場合も、アルバイトで働いており収入が安定していても申し込み出来ない場合があります。

金融事故を起こした場合は信用情報機関に必ずその情報が記録されることになり、いわゆるブラックリスト扱いになります。

このブラックの状態は債務完済後5年〜10年は継続されますので、その期間に当てはまる場合は申し込み出来ないことになります。

金融事故として扱われるのは返済の遅延や延滞を繰り返した場合や返済の踏み倒し、債務整理を行った場合などが対象となるので、過去にそういった行為があったかどうかでもアルバイトのプロミス利用に影響が及ぶことになります。

プロミス アルバイトの申し込みの注意点

アルバイトがプロミスを利用したい場合、自分の収入がどれくらいあるのか、プロミスを利用した場合に問題なく返済が出来るのかを考えたうえで申し込みをする必要があります。

年収に応じて利用できる金額が決まるとはいえ、利用可能になるとつい無駄に借りてしまうと言うことも考えられます。

そうなるとアルバイトで得た収入での返済が厳しくなってくることも考えられますし、無理な利用により返済額が増えることで返済期間も長くなり、無駄に利息ばかりを支払うと言う状態にもなりかねません。

そうならないためにはアルバイトで得られる収入をきちんと把握し、その中で無理のないプロミスの利用を考えることが重要となります。

プロミスの利用は便利というメリットもありますが、返済できなくなるというデメリットやリスクもあるので、良い面ばかりを見ずデメリットも理解した上で計画的に利用することが重要となります。

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント