プロミスでは母子家庭でも借りることができる? | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスでは母子家庭でも借りることができる?

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

シングルマザーで子育てをしていると、お金の苦労するという場合もあると思います。子どもの学用品関連の出費などや生活費など意外にかかりますよね。。そういったお金がどうしても必要という時、プロミスでお金を借りることはできるのでしょうか?

結構いろいろ出費ありますよね、、

それについては、プロミスでは母子家庭という理由で審査に通らないということはまずありません

返済能力を示すのに重要な安定した収入があれば、プロミスの審査対象になります。

プロミスでは女性専用キャッシングサービスなども提供されていて、借り入れなどの申し込み方法等なども相談することができます。

そして、返済についても困っているという場合には相談することもできます。

経済的に厳しい場合こそ、借り入れは慎重にしなければならないので、その点も含めて相談することができるようになっています。
そして、母子家庭だからこそ、気をつけたいポイントがキャッシングの選び方になります。

母子家庭の平均年収は、そうでない家庭と比べると働き手が少ない分低いことが多いです。

そんな場合は、今現在のことだけを考えるのではなく、借りた先の返済という点も考えてから借り入れに臨むということが大切になります。

借り入れはできても、毎月の返済は結構大変ということもあります。

ねこ

借りた分は返す必要があるので、キチンとした計画づくりが大切です。

そのため、子どもの学費にお金が必要だというのならば、まずは県や市が提供している奨学金や母子家庭を対象として行われている公的な制度は金利面でお得なので、その利用の検討から始めてみましょう。

プロミスでの母子家庭の審査や必要書類

母子家庭の審査については基本的に、母親に安定した収入があれば審査に申し込めるようになっています。

子どもが成人していない場合でもその点は特に関係ありません。

審査は母子家庭でも、そうでなくても違いはありません。

また、母子家庭であることを理由に融資を断られるということはありません。
プロミスの場合、年齢条件を満たし、収入面での安定があればカードローンへ申し込みが可能です。

そして、申し込む際には借り入れの審査が行われます。

申込みに必要なものとして、借り入れを申込む際には本人確認書類が必要とされています。

そして、印鑑や保証人、担保は不要です。
本人確認書類は、運転免許証かパスポート、または健康保険証に1点(例として住民票など)を提出するようになっています。

健康保険証と1点は来店によるご契約手続きの場合とされています。

もし、身分証明書に記載された自宅住所と現在の住居の住所が異なる場合は、現在の自宅住所が記載されている発行日から6ヶ月以内の次のいずれかの書類のコピーをあわせて用意します。

国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書か、社会保険料の領収書か、電力会社や水道局、ガス会社やNHK発行の公共料金の領収書、住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書、収入証明書類です。

希望借入額が50万円を超える場合や、希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合には、最新の源泉徴収評か最新の確定申告書、直近2ヶ月+1年分の賞与明細書などの給与明細書を1点用意します。

この時、賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書を用意します。
プロミスでは女性のお客様専用の相談センターが開設され、同じ女性が親身に相談に乗ってくれます。

いぬ

借入金額が増える場合には、収入の署名が必要なります。
初めての借入は50万円未満でやってみると良いです。

気になっていることや不安など相談しやすいようになっていて、初めて申し込みするという場合などに安心して相談することができます。

プロミスの申込方法について

プロミスの借り入れに申し込む場合、様々な方法から申し込むことができます。プロミスでは即日融資が可能なサービスなども提供されていますので、急いでいる場合に便利です。

最短30分で審査が行われており、時間や環境によって即日融資ができる申し込みや契約方法は異なるとされています。

多彩な申し込み方法がありますが、どの方法で申し込んでもプロミスの審査の対応時間は9時から21時までとなっています。
まず、プロミスの申し込み方法として、

パソコンやケータイ、スマホからの24時間申し込みがあります。

プロミスの申込み方法は沢山あります。でも一番オススメなのはスマホやパソコンを使ったインターネットからの申込みが手軽でオススメです。

24時間対応なので、土日や祝日にも審査に申し込むことができます

また、プロミスの店舗に設置されている自動契約機からも申し込めます。この場合は、店舗によって若干異なりますが、9時〜22時が営業時間となっています。

そして、三井住友銀行ローン契約機から申し込む方法もあります。その場合の営業時間は9時〜21時となっています。

プロミスコールに電話する方法なら9時〜22時が営業時間となっています。店頭窓口のお客様サービスプラザは平日の10時〜18時となっています。一部店舗では営業時間が延長されているところもあります。
そして、郵送による申し込みもあります。

母子家庭がプロミスでも借りられない例

プロミスで借り入れをする場合には審査が必要とされます。

仕事の勤続年数や年収などの申し込み時に伝えた項目について審査が行われます。そして、審査完了の際には、結果が通知されます。審査は早ければ30分ほどで連絡をもらうことができます

プロミスの審査では、初めて借り入れをする方などは審査に通りやすいといわれたりしています。

しかし、他社から多額の借り入れ金があったり、過去に金銭問題を起こしていたり、返済が滞ったりしている場合には審査に通りにくくなるといわれています。

過去に返済が遅れたり、返済できなくなっていた場合は新規に借入することがかなり難しくなります。

客観的に見て、その人に返済能力がないと判断される場合、プロミスの審査に通りにくなっています。
審査時にはその人が貸したお金を返済できる能力があるかどうかが審査されるといわれており、様々なチェックポイントがあらかじめ設定されて、その基準を用いて確認が行われています。

そのため、その人の信用情報に事故情報が登録されていると審査に通らないといわれています。
信用情報とは、その人がこれまで利用したローンやクレジットカードの契約状況や借入状況、返済状況などが記載されている情報のことを言います。

このような信用情報は信用情報機関で管理されています。プロミスなどの金融業者は、審査の際、必ず信用情報機関に問い合わせを行います。

その時に照会された情報に事故情報の記録があったら、返済能力という点で審査に通過できなくなるということになります。
照会した時に、申込者の信用情報に長期延滞や債務整理や強制解約の情報があると、審査通過は難しいといわれます。

長期延滞は、2、3ヶ月以上支払いが滞ったという場合に残る記録です。債務整理は合法的に借り入れ金を整理することです。

この制度は、多重債務者の保護や救済のための制度で、借り入れたお金を減額したり、支払いを免除するなどの目的で行われるものです。

債務整理の方法にはいくつか種類がありますが、自己破産や任意整理などがあり、このような債務整理の情報は信用情報に残っています。
また、強制解約は、利用者が長期延滞をしたり、契約への違反行為が行われた場合に行われる措置で、サービスの提供者から強制的に契約を解約させられるというものです。その際の記録が信用情報に強制解約の記録として残るのです。

また、代位弁済もあります。これは、利用者の支払いが滞った場合に保証会社が支払いを立て替えたという時の記録です。

これらの記録は事故情報とよばれ、その人の信用情報に事故情報が一つでも登録されていた場合は審査に落ちるのです。

なにか合ったとき、借入ができるように返済だけはキチンとしてくださいね。
返済が難しい場合はプロミスに相談できます。返済額を少なくするなどの対応を取ってくれます。また、返済が難しい場合にも連絡の有無は信用情報に記録されます。かならずプロミスに連絡してください。

長期延滞は1〜5年間、債務整理や強制解約、代位弁済は5年間の記録が残ることになっています。

母子家庭であってもプロミスで借りられないとすると、これらの過去の借り入れの事故情報に引っかかってしまう場合がございます。

心当たりがありましても、審査は無料で行ってもらえますので、まずは電話で相談したり、審査を受けてみることが大切です。

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント