プロミスの自動契約機、コンビニATMの使い方や注意点をチェック | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスの自動契約機、コンビニATMの使い方や注意点をチェック

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミスの自動契約機とコンビニATMとの違いに関しての、今回の記事でのテーマになりますが、両者とも様々な違いといったものが多くあり、注意点や利用可能時間、それぞれの各自のあり方といったものが、間違いなく存在しています。
それではそれらの内容というものは、一体どういったものがあり違いがあるのか。

この事について、各々、今から見ていきます。

プロミスの自動契約機での注意点や利用可能時間

まずはプロミスの自動契約機での注意点や利用可能時間についてですが、やはり、その自動契約機がある地域や街、場所により、利用可能時間が異なったりするような事もあります。

例えば自動契約機のみのところの場合には近くに営業所や出張所のような有人の施設も無く、完全な無人の状態ですので、場所によっては24時間365日開いているようなところもあったりします。

くま

無人の自動契約機なので誰にも会うことなく契約できるので、恥ずかしくなくていいですね。

ただし、有人の営業所等の施設内やその近くにあったりするような場合には、場所によってはそれらの各施設の開館時間と共に営業時間が同じになっているようなところもあったりしますので、注意が必要です。

また、やはりプロミス自体が消費者金融事業者といったようなせいもあり、大抵の場合には365日24時間開いていますので、土日・祝日・連休において、急な現金の入用があるような方の場合には本当に助かる存在といえます。

他社での自動契約機でのサービスと同じく、プロミスの場合も自動契約機で借り入れ申し込みを行った場合は、ネット銀行口座への入金や口座引落しで手続きが出来ない場合もあり、条件内容の留意をしておく必要があります。

銀行引き落とし口座の設定申し込みの場合は、改めて自動契約機でのオペレーターの方とのやり取りの際に、後日紙面での申し込み書類を本人宛へ発送するといったような形になりますので、それにある必要事項への記入作業を終えたら、郵送で返送をプロミスの本部まで同封の封筒により行うといったような流れとなります。

ねこ

口座引き落としの設定をしておくと返済し忘れがないので便利です。

そして、口座引落の手続きが無事に済むのが、約1週間から10日前後というような流れになりますので、この点はどうか、事前に了承をしていく必要性がありますので、そして今話した準備に要したりする期間を過ぎさえすれば、プロミス側が主張をしていた通り、借り入れ後においての口座引落が始まりますので、引落のタイミングを見計らいながら、申し込みをしていくというやり方が、ベストなのは言うまでもありません。

コンビニATMでの注意点や利用可能時間

コンビニATMでのプロミスのサービスの扱いの場合には、提携先の金融機関毎あるいはコンビニの種類毎により、お取引額に応じた提携ATM利用手数料を負担しなくてはなりません。

1万円以下の場合には1回あたり、お借入れ時とご返済時には108円。1万円以上の場合には1回あたり、お借入れ時とご返済時には216円という手数料の内容になっています。

そして、コンビニATMもプロミスとのサービス提携の場合には、ローソンとセブン銀行の2つのみになっていますが、E-netとの提携もあるためほとんどの銀行で返済ができると考えて問題ありません。

いぬ

だいたいのコンビニATMが利用可能と考えて問題ありません。

また、こうしたこれらのコンビニATMでのサービス内容と、プロミス専用ATMとの連携はシステム上やってはいませんので、そうした点も理解をしておく必要があります。

ネット銀行引き落としの場合、これらの各ATMで一括返済による完済を完了したりした際には、自動的に引落し設定が停止するようになっていますのでとても安心です。

ただしこれはあくまで、引き落とし口座自体をネット銀行の口座にして登録をしていた場合での話であり、それら以外の従来型の銀行口座の場合には、引き落とし自体が止まらない場合がありますので、そうした際にはプロミスのオペレーターの方へ連絡をして、止めてもらう手続きをしてもらう必要性があります。

コンビニATMではプロミスの貸し借りサービスでのお金の出し入れをした場合での明細書の発行もしたりしていますので、事業をされたりしている利用者ユーザーの方の場合には、確定申告や損益計算のための書類作成の際にはとても役に立ちます。

ただ、毎週月曜日の夜中の0時から翌朝の7時までにかけては、定期的にシステムメンテナンスのために全ての提携コンビニATMの利用が出来なくなっていますので、そうした点にようく気を付けなくてはなりません。

自動契約機とコンビニATMのどちらをメインに利用していくかについて

これはやはり、実際にプロミスのキャッシングサービスでの借り入れをしたりする方にもよりますが、やはり、急な現金の入用がリアルタイムで必要になったりするような方の場合には、コンビニATMの方が扱いやすいといえます。

ねこ

コンビニは様々なところにありますしね。間違いなく便利です。

くま

もしコンビニが近くになくてもプロミスには瞬フリという便利なサービスがあります。

プロミスの瞬間振込(瞬フリ)の魅力と申込み時のチェックポイント
プロミスで即日融資が可能になる方法 カードローンを利用するシーンとしては、急にお金が必要になった場合や週末出費がかさみそうな場合に利用することが非常に多いと言えます。 そのため利用するカードローンに求められるのは申し込み後すぐに利用...

これに対して、自動契約機の場合には、それ自体が存在していない街や地域も実際にあったりしますので、そこまで行くのにとても大変な交通手段や地理的事情があったりしますので、そうした点を考えたりしても、大幅にインターネットシステムとの連携とかがなされたりしている、コンビニATMの方が、リアルタイムで何時でもどこででも扱う事が可能ですので、断然利便性に関しては明らかに、こちらの方が分があります。

そして、インターネットシステムの場合にはリアルタイムでのネット回線を用いて、ネット銀行口座からの返済やプロミス運営の公式ページ上の自分のアカウント画面から、現時点での借り入れの状況確認も可能ですので、無駄な借り過ぎや無理な返済をしたりするような事が少なくなるといった、自己管理面においてのメリットもありますので、とても安心です。

そして、取引のための口座を備えているネット銀行やプロミスの公式ページも、それぞれモバイル機器用の専用アプリもありますので、これらをAndroid端末やiphoneで起動をさせながら、プロミスとの取引をリアルタイムで行っていく事が可能です。大変便利なシステムといえます。

いぬ

携帯から使えるのは意外と便利です。

何時でも、どこででも、好きな時にプロミスのサービスに関しての状況確認やサービス利用とかが可能となっていますので、とてもありがたい存在といえます。

まとめ

以上で、「プロミスの自動契約機とコンビニATMとの様々な違いについて」の記事内容の記述をさせて頂きましたが、まだまだ何れのシステムにおいても正直、多くの課題があるといえます。

直ぐに銀行口座引落しの登録手続きが出来ない、あるいは、自動契約機からのそのための直接的な申し込みや登録の手続きが出来ず、不便であるその他、本当に様々な利用者であるユーザーの方による多くの声がある事には間違いがありません。

そうした点から考えてみると、まだまだ未熟な部分もある各システムでのあり方といえますので、今後も引き続き、将来的なさらなる利便性を追求をした、プロミスでのシステムに関しての開発研究とかが行われて行くような可能性は、十分に考えられます。

これからのインターネットシステムといった、最新のコンピューター環境でのプロミスのサービスのあり方について注目です。

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント