プロミスで延滞するとどうなる?借りる前に知っておくべきコト | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスで延滞するとどうなる?借りる前に知っておくべきコト

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミスの返済を延滞すると具体的にどういったことがおき、どういったペナルティーがあるのかまとめてみました。

支払いが滞っていたある日、プロミス電話がかかってきて怖い思いをしている方がいませんか?もし放って置くと本当に大変なことになりますので、必ずプロミスからの電話はでるようにしましょう

必ず話さなければならない用事がある場合に電話がかかってきます。
プロミスからの電話を無視することは絶対によくありません。

プロミスで延滞するといくらぐらい利息がつくの?

 

プロミスへの返済を延滞すると遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは返済を遅延した罰則として、遅延した日数に応じて利息が加算されるものです。
遅延損害金の計算方法は、

遅延利率20.0%(実質年率) ÷ 365日 × 遅延日数

になっています。
実際に支払う金額をシュミレーションして見ましょう。

例えば、10万円をプロミスから借りたとします。
返済額は毎月1万円で遅延日数を30日間とします。
その場合、遅延損害金は、

10万円 × 20% ÷ 365日 × 30日 = 1643円

となりまして、その月分の支払額は、

1万円 + 1,643円 = 11,643円

になります。

実際に計算してみると馬鹿にならない数字だと再認識しますね。
現在遅延していて、遅延してからプロミスと連絡を取っていない方は、一刻も早くプロミスへ連絡をとりましょう。

ケースによっては遅延損害金を支払う必要がない場合もあります

くま

結構大きな額ですよね。。できれば払いたくないものです。

返済日に返済できない時

返済日に返済しなかった場合、自分から連絡を取らなくても、プロミスから必ず電話はかかってくると思いますが、返済日に返済がなかったことが確認されてから直ぐに電話がかかってくるわけではありません。

ある程度遅延してから電話がかかってくる場合がほとんどですので、今月の返済が間に合わない場合は、なぜ、遅延することになったのかを正直にプロミスへ連絡しましょう

延滞理由によっては親切に柔軟に対応してくれたり、返済のアドバイスをしてくれたりします。

例えば、救急車に運ばれて病院に入院することになり、返済する機会がなかったとか、会社が倒産したり、給料を先送りされたりなどで、仕事をしていて返済する意思がある場合、遅延損害金が発生しない例も存在します。

ですので必ずプロミスへ連絡を取ってください。
連絡を取らないと必ず遅延損害金が発生することになりますので、気をつけてください。

ねこ

しかたない理由があれば、考慮してくれます。
プロミスからの連絡にでる。そしてこちらから予め連絡する。もしくは事後であっても連絡するといったように無視しないことが大切です。

プロミスで3ヶ月間以上滞納すると

よほどのことがない限り3ヶ月間も滞納することはありえませんが、
稀に働かずに借金をする人がいるそうなので、もしも3ヶ月以上も滞納し続けるとどうなるのか紹介します。

まず、3ヶ月間滞納しないとプロミスの契約は強制的に解約になってしまい、二度とプロミスと契約することはできなくなってしまいます

契約が強制的に解約になっても延滞している返済金額がチャラになるわけではありませんのであしからず。
それにそれだけではありません。

利用できなくなるのはプロミスだけではなく、金融取引での登録情報がブラックリストに載ってしまうので、あらゆるローンやクレジットカードの審査も通らなくなってしまいます。

その後の人生の人生に大ダメージですね、、

つまり、住宅ローンや自動車ローンなどの審査も通らなくなってしまいます。

たった一つのカードローンを3ヶ月延滞するだけで、すべての金融取引商品の効力を失ってしまうということになります。

そして、最終的には法的な措置がとられる可能性があります。
何日以内に返済しない場合は訴訟、裁判を起こしますといったことが書かれている書類が家に届き、放って置くと財産差し押さえなってしまいます。

何が何でもお金を返す努力をする

返済日に返済できない場合は、とにかく返済できるように工夫しましょう。

例えば、家にあるものを売ってみるとか、身近な人にお金を借りるとか、それがいやなら日払いバイトとかして即金を稼いだりなど、お金を作ろうと思えばできるはずです。

それでも返済金額を満たすことができなければ、別のカードローンやクレジットカードを利用してお金を回すという方法があります。相当な金額を借金していない限り、返せないということはないでしょう。
ですので、返済日に間に合わないからほったらかしといったことは絶対にやめましょう

お金が返せなくなったときの最終手段

何ヶ月も滞納し続けて、返済完了が見込めない場合は、最終手段として債務処理を考える必要があります。

債務処理とは弁護士や司法書士に依頼して、債権者と法的な交渉をしてもらい借金金額を減額してもらったり、利息の払い戻しなどを行うための手段です。

一般的には自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求の4種類の総称のことをいいます。

これらの債務処理を簡単に説明させていただきます。

過払いがある人は絶対に過払い請求すべきです。

自己破産

自己破産をする人は、個人再生が適用されなかった人が行う債務処理です。

この債務処理を行う一般人の基準としては5000万円以上の借金があり、その他の債務処理で借金返済額を減らしても返済するのが厳しい人です。

自己破産のメリットは借金が全額免除されるということです。
しかし、滞納税金などの支払いは残ります。
デミリットは、マイホームなどの価値のある財産がとられてしまったり、5〜10年間はお金を借りることができなくなり、ブラックリストに登録されます。

いぬ

まさに、人生をやり直す為のものですね。

個人再生

個人再生のメリットは、原則通りなら債務が5分1に減額されます。
また、自己破産と違い、マイホームなどの財産を差し押さえせずに手続きが済む場合がございます。

少なくとも自己破産よりは財産を失うことはありません。
デミリットは、自己破産と同じで5〜10年間はお金を借りることができなくなり、ブラックリスとに登録されます。

特定調停

特定調停ができる人は、借金を減額して約3年程度で返済できる見込みがある方、または、継続して収入を得続ける能力があると判断できる方に限ります

特定調停のメリットは、利息制限法にのっとり上限金利である(15%〜20)で再計算した返済金額にしてくれます。

ですが、あくまで特定調停してからの返済金額が法廷道理に基づく返済金額になるわけであって、これまで払った過払い金が戻ってくるというわけではありません。

デミリットは、特定調停をしたにもかかわらず、借金を返済することができなかった場合、給料の差し押さえなどの強制執行などがされてしまう危険性があります。

過払い金請求

過払い金請求のメリットは過払い金は利息限法を超える金利の支払いをされていた場合、払いすぎているお金が過払い金として戻ってくるところです。

デミリットは過払い金を請求した貸し金業者から今後借りれなくなる可能性があります。

例えばカードローンを利用して、そのお金を使って転売や投資をしているといったように、毎月カードローンを利用しなければならない何らかの目的がある場合は検討する必要があります。

過払い金を請求した際に長期的に見て得するのか損するのかは人それぞれ違いますので、デミリットがあったりなかったりします。
また、過払い金を請求する際に過払い金額があるのか調査する業者を選定する必要があります。

どういった基準でどれくらいの手数料が引かれるのかを事前に調べて、自分に見合った業者を選ぶといいでしょう。

過払い金は請求期限があるので、最悪戻らなくなることもあります。
過去に借金があった方、昔から借金をしている方は一度、過払い金請求の無料診断をしてみてください。

最後に

カードローンに限らず、借金は場合によっては人生を狂わせることになります。

しかし、使い方によっては短所がなくなり、長所だけが残ります。
1年かかってやっと稼ぐことのできる金額を簡単な操作で手に入れることができるのです。

借りたお金、もしくは借りたお金を使って手に入れたものを上手に使えば、あなたの人生は豊かなものになります。

ですから、お金を借りようと考えている方は、一度借りようとしている業者をある程度は調べて、返済できるのかシュミレーションしてから利用しましょう。

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント