プロミスで個人事業主はキャッシング・カードローン借り入れ審査申込できる?最適プランは? | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスで個人事業主はキャッシング・カードローン借り入れ審査申込できる?最適プランは?

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミス

▼キャッシングおすすめランキング▼




プロミスで個人事業主は、申込みすることが出来る?

近年では、個人事業主という働き方を選ぶ方も増えていると言えるでしょう。

インターネットが爆発的に普及すると同時に、ネットビジネス、あるいは副業で活躍している方も増えています。

そこで、自営業と言っても少し異なる、個人事業主の方は、こういった消費者金融での借り入れはできるのかと疑問を抱えている方もいらっしゃるようです。

個人事業主は、会社員とは違い、給料制ではありません。

毎月のようにお給料が振り込まれる会社員の方とは違い、またその収入も安定している場合とそうでない場合があると言えるでしょう。

さらに、個人事業主の方は、会社に在籍をしているわけではありませんので、在籍確認をすることが出来ないですし、プロミスからの借り入れの場合には、どう

なってしまうのだろうと不安になる方も居ます。
しかし、個人事業主の方も、融資が必要になることも多いと言えるでしょう。

即日借り入れやキャッシングが便利な消費者金融はぜひ利用したいものです。

そこで、実際にプロミスで、個人事業主として稼いでいる方が、申込みをすることは出来るのでしょうか。
結論から言うと、個人事業主の方でも、プロミスで、キャッシングなどの、カードローンを申込みをすることは可能となっています。

しかし、個人事業主は、収入が不安定であるということから、審査において、残念ながら不利になってしまうことがほとんどです。

このため、プロミスの中でも、個人事業主を主に対象としているカードローンなどを選ぶことが必要です。

そうすることで、比較的審査にも通りやすくなりますし、自営業者の方や、個人事業主の方でも、借りやすいと言えるでしょう。

プロミスでの、個人事業主と審査の関係とは?

個人事業主とは、会社で雇われているというのではなく、一人で働いている方を指します。
たとえば、ライターや、ネットオークション、個人商店や、ネットでのデータ入力などのお仕事をしているという方は、こちらの個人事業主に当たります。
自分の技能や才能などを生かし、会社に所属せず利益を得ているという人は意外と多く居るようです。
しかし、プロミスの融資では、審査に通らなければ、融資を受けることはできません。

まずは職業や、勤続年数、そして収入や、年収、さらには過去から現在の融資の利用状況や、返済の滞納状況などが審査で見られていると言えるでしょう。

個人事業主の中でも、もちろん安定して稼いでいる方ももちろん居ますが、会社員のように、一定に給与が入ってくると言うわけではないので、いくらプロミスといえど、審査や融資で、少し不利になってしまうのは確かです。

大半の人は、融資を受けるのは苦労をすることが多いですし、審査にとおらないこともあれば、通ったとしても、少額の融資にとどまってしまう…ということが多いようです。

個人事業主の方でも、借り入れ条件に当てはまっていれば、申込み自体は出来ますが、審査は、その人の収入や支払い能力によって、通らない場合もあると言うことを知っておく必要があると言えるでしょう。

個人事業主は、事業向けの融資を利用しよう

 このように、個人事業主で、あったとしても、プロミスでは申込みが出来ますし、審査にとおれば、借り入れをすることも可能です。

しかし、審査に場合によっては通らないこともあると言うことを知っておく必要があります。

どうせ借り入れは個人事業主には、厳しいだろう…と最初から諦めてしまっている人も居ますが、最近では、こういった個人事業主の方を対象に、事業向けの融資が用意されています。

プロミスにも、事業向けの融資がありますので、借り入れが不安という方は、こちらを利用すると良いと言えるでしょう。

それは、プロミスの自営者カードローンとなります。

これは、名前の通りで、自営業の方、また個人事業主の方を対象にしている、カードローンとなります。

個人事業主の方が、事業の用途などでも利用をすることが出来るキャッシングであり、会社員とは異なる働き方をしている人が申込みし、利用しやすいカードローンであると言えるでしょう。

こちらの、自営者カードローンですが、最大で300万円が可能で、事業費、そして生計費などの用途で利用をすることが出来ます。

プロミスのカードローンの中でも、通常のカードローンとして設定されている、フリーキャッシングは、事業で利用をすることは出来ないと定められています。

しかし、こちらのプロミスの、自営者カードローンなら、個人事業主の方の事業関係のお仕事でも、さらには、生計費にも使うことができるのが強みであるといえるでしょう。

個人事業主は、ビジネスとプライベートの境目が非常に曖昧ですし、どのあたりまでが事業なのかといわれるとはっきりしないものです。

しかし、このカードローンの場合には、生活費にも、そして事業費にも利用をすることが出来るため、大変便利に利用をすることが出来ると言えるでしょう。
さらに、プロミスは、バックに三井住友銀行も関係している、大手の消費者金融であり、融資を安心して受けることが出来るのもメリットの一つです。

個人事業主だけれど、よく分からない貸金業者では借り入れをするのが不安…という方も、プロミスならば、安心して借り入れをすることが出来るのも魅力であると言えるでしょう。

個人事業主がプロミスでお金を借りる場合に知っておくべき点

個人事業主・自営業者の方が、プロミスでお金を借りる場合には、いくつか知っておかなければいけない点があると言えるでしょう。

まずは、自営者カードローンの申込みの場合には、個人事業主の方でも借り入れが可能となりますので、大変便利に利用をすることが出来ます。

しかし、こちらの、自営者カードローンの申込み、そして契約に関しては、インターネットからはできませんので、注意が必要です。

申込みをする場合には、プロミスの店頭で申込みをする必要があります。

また、自営者カードローンを利用する場合には、必要書類を用意する必要があります。

個人事業主の方の場合には、会社員とは事情が違いますので、安定した収入があるかどうかの収入証明が必要となります。

このため、申込みの際には、収入証明書である、確定申告書や、さらには事業実態を証明するための書類の提出が求められます。

申込みの際には、これらを準備しておくと、スムーズであると言えるでしょう。

まとめ

このように、プロミスで、個人事業主の方が、キャッシングをすることも可能ですが、個人事業主は、会社員の方、派遣社員などと比較しても、収入の安定性が低いのが特徴です。

このため、通常のキャッシングの審査には通りにくく、通ったとしても少額融資になってしまうことが多いです。

そこで、個人事業主の方は、自営業者のためのカードローンを利用するのが最適であると言えるでしょう。

さらに、個人事業主の方でも、審査にとおるかどうかは、収入が多いかどうか、また事業年数が長いかどうかが、審査に無事通るかどうかのポイントであると言えるでしょう。

しかし、プロミスには、個人事業主の事業を行ってからの事業年数については、記載されておらず、他のアコム、アイフルでは、最低1年以上は、事業を行っていないと借りることができません。

このため、プロミスは、個人事業主のキャッシングでも借りやすい方であると言えるでしょう。

▼プロミス審査申込み・詳細はコチラ▼

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント