プロミスレディースローンキャッシング審査申込み方法、即日融資は可能? | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスレディースローンキャッシング審査申込み方法、即日融資は可能?

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

▼キャッシングおすすめランキング▼




▼プロミス審査申込みはコチラ▼
プロミス

プロミス レディースローンとは

利便性が高く気軽に申し込めるカードローンが各社から提供されるようになっていますが、以前のサラ金というイメージや借金するのは怖いというのは誰しも思うところです。
特に、女性の場合には、いくら利便性が高く気軽に申し込めるとはいっても、消費者金融の店舗に入ることは勇気が必要ですし、簡単に申し込めるものではありません。
そんな女性に配慮した女性専用のカードローンがレディースローンと呼ばれる商品です。
三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスでもプロミスレディースローンという女性専用のカードローンが提供されており、メガバンク系の商品という安心感もあって人気商品となっています。

 

プロミス レディースローンのメリット

■安心の女性オペレーターによる対応

プロミス レディースローンには多くのメリットが提供されています。
まず、女性が申し込む場合には、なかなか消費者金融の店舗には入りにくいものです。
従って、web申し込みが多いのですが、この場合でも申し込み確認などの電話連絡があり、事務的な内容とはいいながら男性オペレーターからの電話だと気後れしてしまう女性が多くいます。
プロミス レディースローンでは、このようなことにも配慮して女性専用のフリーコールが用意されており、対応はすべて女性オペレーターの対応となります。
これだと、わからないことがある場合にも安心して質問したりすることができます。
さらに、女性の場合には、審査時の勤務先への在籍確認のための電話連絡を気にする人も多いでしょうが、プロミスではケースバイケースで電話連絡以外の在籍確認の方法も提供されています。
このようなケースでも、オペレーターはすべて女性ですので気軽に相談することができます。

 

■即日融資にも対応

プロミス レディースローンは女性専用サービスだといっても、他のプロミス商品と同様のサービスを受けることが可能となっています。
もちろん、即日融資にも対応しています。
女性専用フリーコールから申し込んだ場合にも、審査通過後にweb上で契約を完了させることができます。
本人確認書類などもメールやアプリで送信することができますので非常に便利です。
契約完了後には振り込みキャッシングを利用できます。
通常は平日14時50分までに契約を完了させて振り込み依頼をすれば当日中に振り込みが行われます。

振込先を三井住友銀行かジャパンネット銀行にすると、24時間365日ほぼリアルタイムでの振り込みサービスの提供を受けることが可能です。
プロミス レディースローンを検討するのであれば、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を所有しておきたいものですね。

 

■無利息サービスも受けられます

カードローンで最近最も人気なのが無利息ローンです。
プロミス レディースローンもこの無利息ローンサービスを提供しています。
この無利息ローンは、申込時にメールアドレスを登録して、明細をweb明細にすることで提供されます。
プロミスの無利息ローンは、初めての利用に限り利用日から30日間の無利息サービスが提供されるというものです。
通常、他社の無利息ローンとは、同じ30日間の無利息期間でも契約日からとなっているものが多く、すぐに融資を受けない場合には30日間の無利息とならないケースが多くあります。
しかし、プロミスの無利息ローンでは、利用日からとなっていますので必ず30日間の無利息期間が提供されることになります。
例えば、借り入れをして20日後に完済したケースでは、2度目の利用の際にも10日間の無利息サービスが提供されることになります。

 

プロミス レディースローンとプロミスでの通常申込みの違い

プロミス レディースローンで申し込む場合と通常のプロミスカードローンで申し込む場合に違いはあるのでしょうか。
実は、女性専用ローンとは言っても、金利が低いわけでも審査がやさしくなるわけでもありません。
基本は、通常のプロミスカードローンとほぼ同じ内容での申し込みとなります。
違いとなるのは、入り口のところで、女性専用のフリーコールから申し込むことですべての対応を女性が行ってくれるというところです。
これにより、プライベートな借り入れという問題で異性と話をする必要がなくなるわけです。
もちろん、女性の申し込み者で男性のオペレーターでも問題ないという人もいますから、そのケースでは通常の申し込みやローン契約機から申し込んでも全く条件は同じです。

 

プロミス レディースローンの条件

プロミス レディースローンに申し込めるのは、20歳から69歳までの安定した収入のある女性となります。
従って、主婦の場合でもパートやアルバイトなどで安定した収入がある場合には申し込むことができます。
これらはあくまで申し込むための条件ということで、契約可能かどうかは審査の結果を待ってからということになります。
前述のように、女性専用のプロミス レディースローンだからと言って審査がやさしくなるということは残念ながらありません。

 

プロミス レディースローンに申込できないケース

専業主婦は申し込めない

プロミス レディースローンに申込できないケースとは、言うまでもなく男性利用者はこの窓口からは申し込むことができません。
また、プロミスは三井住友銀行グループ子会社とはいっても消費者金融ですから、総量規制の適用を受けることとなり収入がないケースでは申し込むことができません。
つまり、自身に収入のない専業主婦は申し込むことが原則としてできません。

配偶者特別貸し付け

消費者金融などの貸金業者では、総量規制適用外となる配偶者特別貸付制度が認められており、自身に収入のない専業主婦でも申し込みを受け付けている消費者金融もあります。
ただし、この配偶者特別貸し付けは、配偶者の同意書が必要であったり非常に手続きが面倒なため、利用者がほとんどいないこともありプロミスはじめ大手の消費者金融ではほとんど申し込みを受け付けていないのが実情です。

 

三井住友銀行カードローンは申し込めるのか

 総量規制の適用を受けるプロミスでは専業主婦は申し込むことができませんが、総量規制適用外の銀行カードローンの場合には専業主婦でも申し込める銀行がいくつかあります。
プロミスの親会社である三井住友銀行カードローンは、プロミスと同じローン契約機で申し込みができ、さらに審査も保証会社であるプロミスが行っています。
三井住友銀行カードローンは専業主婦の申し込みを受け付けているのでしょうか。
残念ながら、答えはNoで、三井住友銀行カードローンはも自身に収入のない専業主婦の申し込みは受け付けていません。

 

プロミス レディースローンの申し込みの注意点

プロミス レディースローンの申し込みにはいくつかの注意点があります。
まず、プロミス レディースローン専用のフリーコールを利用する必要があります。
通常の申し込みをすると対応が女性でない場合もあります。
女性であっても、申し込み条件を満たしていない場合には申し込むことができません。
主婦でもパートやアルバイトで安定した収入がある場合には申し込めますが、自身に収入のない専業主婦は申し込むことができません。
女性専用のプロミス レディースローンでも、条件は他の申し込み者と同じで、金利などの貸し付け条件も同様のものとなります。
女性専用のサービスだからと言って、審査がやさしくなったりすることもなく、こちらも通常曽織に審査が行われることになります。

▼プロミス審査申込み・詳細はコチラ▼

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント