プロミスのおまとめローンの金利や審査など初めてガイド | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスのおまとめローンの金利や審査など初めてガイド

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミスのおまとめローンとはどんなローンなのか?

プロミスのおまとめローンは、他社からの借り入れ金をまとめたりできるローンで、金利は6.3〜17.8%と比較的高めですが即日融資もできる借り換え専用のローンのことです。

プロミスのおまとめローンは、基本的に安定した収入がある人なら申し込めて、アルバイトをしている方も申し込めるというローンです。

くま

収入があれば誰でも申し込めるのはいいね!

プロミスのおまとめローンは限度額が300万円までで、100万円以上300万円を超えない借り入れを希望している人に向いているローンといえます。

プロミスのおまとめローンのメリットについて

プロミスのおまとめローンのメリットとして、急いでいるという場合も対応してもらうことができる、最短の即日融資が可能なのです。

基本的におまとめローンは実際にお金を借りる時までに、1週間以上かかることも珍しくなく、1ヵ月以上かかるローンなどもあって、時間がかかるという特徴があるのですが、プロミスのおまとめローンは融資までの時間が、最短で即日融資というメリットがあるのです。

平日14時までに契約完了すると即日融資をお願いできるかもしれないのです。
また、年収による制限もなく、20〜65歳で安定収入のある人ならだれでも申し込めるというメリットがあるので、アルバイトやパートの人でも申し込むことができます。

プロミスのおまとめローンは繰上げ返済しやすいというメリットもあります。

繰り上げ返済は、毎月の返済額やボーナス時などの決められている返済額に加え、余裕がある時などにローンの一部を先取りして返済することで、総返済額が少なくしたり返済期間を短くすることができる方法です。

ねこ

なるべく繰り上げ返済を行って、返済期間を短くしたいね。

おまとめローンは借入額の大きいローンなので、利息はどうしても大きくなるという傾向があるのです。

プロミスのおまとめローンなら繰り上げ返済がしやすいという特徴があるので、お金に余裕がある時にできるだけ繰上げ返済をすることで、トータルで支払う利息をできるだけ少なくすることができるのです。

プロミスのおまとめローンには繰上げ返済できる方法がいくつか用意されていて、繰り上げ返済が利用しやすいというメリットがあるのです。

そして、どの方法を選んでも手数料は無料なので助かります。

プロミスの繰り上げ返済は、店舗やプロミスのATM、三井住友銀行のATMとインターネットバンキングから手続きすることができるようになっています。

インターネットバンキングに対応しているのは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行が対応しています。

ローンの中には繰上げ返済をする時には手数料がかかるようになっているものもあり、プロミスの場合は繰り上げ返済の手数料が無料という選択肢が設けられているのでとても便利ですよね。

プロミスおまとめローンのデメリットについて

プロミスおまとめローンにはデメリットもあります。

デメリットとしては金利が6.3〜17.8%と高いという点が挙げられます。
また、プロミスのおまとめローンの限度額の上限は300万円となっていますので、借入総額が300万円を超える時は一括のまとめができないというデメリットがあるといわれます。
おまとめローンの鉄則は、金利の低いローンを利用することです。

そして、プロミスのおまとめローンの契約は、店舗または自動契約機まで行って行うことが必要とされています。

忙しい人なら出向いて契約するのはちょっと手間がもしれません。
しかし、とにかく急いでいて即日融資を受けたいという場合には、平日14時までに契約を完了させることで即日融資をしてもらえるといえますので、プロミスを検討するのもいいかもしれませんよね。即日融資が可能なおまとめローンはそんなに多くはないのです。

お金を借りる時の上限金利は、法律で借入額10万円以上100万円未満の時は18%、100万円以上の時は15%と決められています。借入額が小さい場合は高め、大きくなると金利は低くなるという傾向があるのです。

例えば、3つの借入先から50万円ずつ借りている場合なら、まとめて150万円として借りた方が金利という点でお得といえます。

ねこ

金利が低ければ低いほど、返済額が少なくなります。少しでも低く抑えたいね!

プロミスおまとめローンの場合、上限金利が17.8%で、100万円以上の借り入れをする場合には利率は15%以下に下がりますので、3つの借入先からそれぞれ高めの金利で借入を行っている場合は、プロミスでおまとめローンを申し込む方がいいかもしれないですよね。

15%なら都市銀行のカードローンの上限金利と比較しても大きな差はないといわれているのです。

プロミスのおまとめローンの申込方法について

プロミスのおまとめローンの申し込みは、大きくわけると申し込みと審査、そして借り入れというプロセスに分けられます。

そして、申し込みに必要なものとして、本人確認書類と収入証明書類の2点が必要とされています。

どちらの書類も最新の情報が記載されていることが必要となります。
プロミスのおまとめローンの申込方法としては、自動契約機又はサービスプラザとよばれる店頭窓口からの申し込みができます。そのため、来店をして行うことになります。

おまとめローンの申し込みはインターネットやホームページから申し込むことはできませんので、その点に注意が必要です。
そして、その後審査が行われます。

必要書類を提出したら、審査の結果を待ちます。

審査に通った場合には、借り入れを行っていきます。

基本的に借り入れは振込によって行われるようになっています。プロミスから申込者名義の指定口座へ、おまとめローンの借り入れ金が振込されます。

この時、振込手数料は無料になっていて、まとまった金額を融資してもらうことができます。

この時、追加の借り入れはできないということを念頭においておきましょう。というのは、プロミスのおまとめローンは返済のみのローンになるからです。

いぬ

返済した額分は更に借入枠ができて新しく借入可能というわけではなく、完済を目指す為のローンという感じだね。

プロミスのおまとめローンの注意点について

プロミスのおまとめローンは借り入れ用のローンではありませんので、追加で借り入れを行いたいという場合は、他の会社へ申し込むしか方法がないといえます。
おまとめローンは借入金になりますので、他の会社で追加の借り入れをすると借入金はさらに増えます。

また、毎月最低返済額でのみ返済の対応をしてしまうと利息が積み重なるというリスクがあります。
おまとめローンを申し込む前には現実的な返済計画を立てておくようにし、毎月の生活費に困らないところでできるだけ返済を進めることができるように返済の計画は立てることが大切です。

また、おまとめローンは通常キャッシングより金利が低めになっているローンです。

だからと言ってこれまで借りたお金の残高が減るというわけではないのです。

そして、利息も少なくはなりますが借入金自体がゼロになるというわけではないのです。

おまとめローンで立て替えてもらい、トータルの返済額が少しだけ軽くなったということになります。

そのため、できるだけ早く返済を済ませるようにすることが大切になります。
お金を返していく上で、トータルの返済額が少しだけ軽くなったからといって気が緩むことはとてもリスキーともいえますので、おまとめローンをした時には、早期返済を念頭に置いてとになく借入金を少しでも返済するようにしましょう

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント