プロミスの瞬間振込(瞬フリ)の魅力と申込み時のチェックポイント | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスの瞬間振込(瞬フリ)の魅力と申込み時のチェックポイント

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミスで即日融資が可能になる方法

カードローンを利用するシーンとしては、急にお金が必要になった場合や週末出費がかさみそうな場合に利用することが非常に多いと言えます。

そのため利用するカードローンに求められるのは申し込み後すぐに利用できること、その日のうちに利用可能となる即日融資が出来ることが必須条件と言えます。

プロミスの場合即日審査・即日融資が可能となっているカードローンですので、申し込みをすればスピーディな対応で融資をしてもらえます。

しかしプロミスに申し込む際の申し込み方によっては即日融資が可能にならないケースも存在しており、せっかく申し込んだのにもかかわらず実際に利用可能となるのが数日かかるというケースも考えられます。

現在プロミスに申し込み可能な方法としては、プロミスコールを利用した電話での申し込み、郵送での申し込み、店舗に来店しての申し込み、WEBからの申し込み、三井住友銀行ローン契約機や自動契約機を利用しての申し込みが可能となっています。

くま

プロミスはいろいろな方法で申込みができるね!

どの方法を用いてもプロミスと契約することが出来ますが、その中で即日融資が可能となるのはWEBと自動契約機(ローン契約機含む)での契約のみとなります。

プロミスコールの場合は電話をして契約可能か確認した後に店舗に出向く必要があり、近くに店舗が無ければ利用できませんし店舗の営業時間は平日のみで10:00〜18:00という短い時間帯のみとなりますので、仕事終わりなどでの契約は出来ません。

土日や祝日も店舗は閉店しているので即日融資を行うためにプロミスコールを利用する場合はかなり限定的な形でしか即日融資が出来ないことになります。

店舗に直接出向いた場合も同様でどうしても窓口が開店している間しか契約できないと言う問題があります。

郵送の場合は契約書を送り審査が完了しカードが発行されるまでに数日間は必要となるので、即日融資には不向きです。

WEBから申し込みを行った場合は基本的に365日いつでも申し込み可能ですし、24時間いつでも申し込みが出来ます。

いぬ

WEBならいつでも、どこでも申込みできるのは魅力だね!

即日融資を考えた場合にはプロミスが営業している時間内に申し込みする必要がありますが、審査してもらえる時間はかなり遅くまで行われており、20時以降でも申し込みと審査が行って貰えます。

自動契約機の場合は受付時間が22時まで可能ですし、三井住友ローン契約機の場合も21時まで受付可能ですので、即日融資に最適な方法となります。

基本的にはWEBと自動契約機が即日融資を考えた場合利便性が高い方法となるでしょう。

WEBから申し込む場合の方法

プロミスの場合WEBから申し込みを行う際にはWEB完結を利用するかWEB完結以外の方法でWEB申し込みをするかが選べます。

まずWEB完結に関しては、申し込みから審査、利用に至るまで全てをWEBで行うことが出来、カードの発行も行わない方法となります。

WEB完結を利用した場合には申込みをする場合にはWEB上の申し込みページを利用することになり、そこに必要事項を記載して送信することですぐに審査に移行します。

その際にカード発行不要を選び、返済に関しては口座振替での返済を選ぶことでWEB完結での契約になります。

借り入れする場合も返済する場合も登録した口座で行うことになるため、WEBさえ利用できる環境にいればいつでも借り入れが可能になります。

基本的にプロミスの場合は50万円までの申し込みに関しては身分証明書だけで申し込み可能ですので、WEBからの申し込みに関しても身分証明書を用意しておき、その画像をメールやスマホアプリで送信すれば無分証明書の提出もその場で行えます。

ねこ

50万円までの申込みは、申込みやすく、借りやすい金額になります。

後は仮審査〜本審査が行われ、契約完了した場合には連絡が来て即日融資が可能になります。

融資に関してはWEBから借り入れを申請すればすぐに振り込みが行われますので、急いでいる場合でも便利に利用できます。
もう一つのWEB申し込みに関してはカード発行を行う形の方法となります。

カード発行を選んだ場合郵送での発行か自動契約機で発行することが出来、即日融資を考えた場合には自動契約機でのカード発行を選ぶことになります。

契約の流れはWEB完結と同様となり、契約が完了した後に自動契約機に出向きカードのみを発行する形となります。

この場合カード発行することでその場で専用ATMからお金を引き出すことが出来ますし、カード発行以外にも「瞬フリ」という方法で口座に振り込みをしてもらう事も出来ます。

瞬フリの場合平日であれば色々な銀行口座を指定できますが、土日や祝日に申し込みをして瞬フリを使用するのであれば三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を用意しておく必要があります。

この2つの口座であれば24時間365日いつでも申し込みから10秒程度で口座に振り込みをしてもらえますので、即日融資も可能となります。

自動契約機を利用して申し込む方法

プロミスの自動契約機や三井住友銀行のローン契約機を利用して申し込みをする場合も、即日融資が可能となります。

この場合には無人契約機やローン契約機まで出向く必要はありますが、申し込みから30分程度で契約完了させることが出来ますし、土日や祝日でも契約OKなので利用したいときにいつでも契約することが出来ます。

基本的な申し込み方法としては備え付けの契約機を操作して申し込みをする形になりますが、わかりやすい操作方法で申し込みをすることが出来るので初めての人でも簡単に入力できます。

分らない場合には備え付けてある電話を利用することでサポートをしてもらえますし、指示に従いながら操作をするだけですのでそれほど迷うことなく申し込み出来るでしょう。

審査が終了すればその場でカード発行が行われ、ATMを利用して借り入れをすることが出来ます。

この場合自動契約機は22時、ローン契約機は21時まで利用可能なので、仕事終わりで多少遅くなった場合でも問題ありません。

自動契約機の場合WEB同様にスピーディな審査が行われますし、人と接することなく申し込みが出来る為そういった面でもメリットがあります。

人に会わずに申し込めるのは魅力ですね。お金を借りるとき人に会いたくない人が多いと思います。

土日や祝日の場合でも審査の段階で在籍確認が行われることになりますが、通常であれば会社が休みの場合電話での在籍確認が出来ない為翌営業日まで契約が先延ばしになることがほとんどです。

プロミスの場合も通常は電話での在籍確認を基本としていますのでWEBや自動契約機で申し込みをした日が土日や祝日の場合確認が取れないと言う事態になることもあります。

しかしプロミスの場合は相談することで電話以外の在籍確認方法を提示してくれますので、それを利用することで土日や祝日でも即日融資が可能になります。

他のカードローンの場合電話以外の在籍確認はほとんど取り入れていないのが現状ですので、そう考えた場合にはプロミスに申し込みをすれば高確率での即日融資が可能になると考えてよいでしょう。

ただし申し込みをした際に総量規制を超える金額での申し込みの場合は契約不可になりますし、50万円以上の申し込み、他のカードローンを利用しており合計金額が100万円を超えている場合の申し込みには収入証明書の提出が必須となるので即日審査が完了しないケースもあります。

そのためプロミスを利用して即日融資を確実なものにするには、50万円以下の申し込みにすること、他社との合計金額が100万円を超えないこと、総量規制を超える金額の申し込みをしないことが最低条件となるでしょう。

くま

はじめてお金を借りる人、50万円未満であればとても借りやすいということですね。

そうすることで余計なトラブルを回避して即日融資が可能になります。

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント