プロミスの瞬振りがすごい!便利に使うためのコツを解説 | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスの瞬振りがすごい!便利に使うためのコツを解説

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミス 瞬フリ知っていますか?

プロミスといえば大手消費者金融であり知名度も高く利用しやすいためとも人気のカードローンです。

そのためお金を借りる場合、プロミスは信頼感があるため申し込みするのに躊躇する人も少ないのではないでしょうか。

消費者金融のプロミスはとても有名ですね。
看板をみたことない人はいないのではないでしょうか。
老舗の大手であるため、利用者も多い消費者金融です。

 

しかし、いざ申し込みをしたは良いが利用する場合の利便性がどれほどのものなのかを知らないまま契約してしまうと、契約完了したけれど使い勝手が悪いと感じてしまうこともあります。

プロミスの場合、他のカードローン同様に基本的にはカードを利用してATMでのキャッシングが主な使い方となります。しかし、忙しくてATMへ行くことができない場合や、近くに専用ATMが無い場合には使いたくても使えない、提携ATMを利用することになりATM手数料がかさんでしまうといった場合には便利とはいえません。

これではいくら便利なプロミスであっても利便性が半減してしまいますし、無理にプロミスある必要も無いのではないかという気持ちもでてきます。

やはり便利にいつでも利用できることこそがカードローンの良さですので、それが利用できないのであればプロミスを契約する意味が無いと感じてしまう人も出てくるでしょう。

そんな人におすすめなのがプロミス 瞬フリというサービスです。

この瞬フリはいわゆる振込みキャッシングと呼ばれる類のサービスとなり、他のカードローンでも似たようなサービスを行っています。

振込みキャッシングを利用した場合にはスマホやパソコンから指定した銀行口座に対して振込みでの貸し付けを行ってくれます。そのため、専用ATMが近くにない場合やATMに行く時間が無い場合などでも自分の都合での借り入れが可能になる大変便利なサービスです。

直接口座に振込みしてくれるため非常に便利であり、振込み手数料も無いため無駄な出費を抑えながら、便利にキャッシングが出来るサービスとなります。

ねこ

手数料無料ですぐにお金を振込んでくれるのはとても便利だね!

しかし一般的な振込みキャッシングの場合は、申し込みをして振り込まれるまでの時間がある程度必要となりますので、借り入れ申請をしてすぐに口座にお金が入金されるわけではなく、どうしてもタイムラグが発生してしまいます。

申し込みから振込みが完了するまでの間はお金を口座から引き出せませんし、土日や祝日といった銀行が休みの場合も振り込まれるのは翌営業日にずれ込んでしまうためその日の内に振込みをしてもらえるわけではありません。

しかしプロミスの瞬フリに関しては、名前の通り瞬時に振り込みをしてもらえるサービスとなっているため、他のカードローンの振込みキャッシングとは違い一つ上レベルにあるサービスとなっています。

利用する場合には自分の指定した口座でも平日であれば瞬フリが利用可能ですし、プロミスの指定している三井住友銀行とジャパンネット銀行であれば土日や祝日でも瞬フリの利用が可能となります。

 

くま

三井住友かジャパンネット銀行であれば土日や深夜関係なく便利な瞬フリが利用可能なので、口座を持っていない人はこの機会に作るのがオススメです。

利便性を考えた場合には三井住友銀行かジャパンネット銀行を利用するほうがさらに利便性が高まるでしょう。

近くにATMがなくても、いつでも、どこでもすぐにお金を振り込んでもらえて、待つことなく自由に使うことができるという素晴らしいサービスとなっています。

プロミス 瞬フリのメリットとは

プロミスの瞬フリを利用するメリットとしては、やはり困ったときにあは瞬時に振込みが完了する点が最大のメリットです。

瞬フリの場合は、基本的に24時間365日の利用が可能となっており、いつでもどこでも利用が可能です。

この24時間いつでも利用可能と言う点は他のカードローンの振込みキャッシングには無いものとなっていますし、土日や祝日でも利用可能と言う点も瞬フリが他の振込みサービスと大きく優れている点だと言えます。
ATMの数が少ない地方での利用や、旅行先でATMが少ない場合でも場所を選ばす利用可能です。

カードを利用してATMに行けばもちろんお金を借り入れすることは24時間365日可能ですが、そのためには移動を伴いますしわざわざ夜中にATMまで行くのも面倒でないでしょうか?それに、急にお金が必要になったとき、ATMまで行く時間を割くことが出来ない場合もあるかもしれません。

例えばですが、月曜日には口座から引き落としされるお金があるのに残高が足りない!という場合に瞬フリを利用することで、日曜日であっても口座に振込みしてもらえるため翌日の引き落としに間に合うということになります。

もしこれがATM利用の場合日曜日の夜中だとなかなか口座に振込みしに行くのも難しいですので、そういった場合に瞬フリは大きな力を発揮してくれることになります。

三井住友銀行とジャパンネット銀行であればメンテナンス日と元旦以外は常に瞬フリを利用できますし、振込みにかかる時間は最短10秒となっていますのでまさに瞬間的にお金を振り込んでくれる優れたサービスとなっています。

ねこ
ねこ

近くにATMがない場所に旅行に行ったとき、急に手持ち以上のお金が必要になったとしても瞬フリで全国どこでも、いつでも10秒でお金が口座に振り込まれます。
そのお金を振込で支払いすれば困ったときにとても助かりますね。

ジャパンネット銀行だとネットバンキングも可能となるため、瞬フリで振込みをしてもらいそのままネットでショッピングに支払いを行うということも可能ですし、ジャパンネット銀行の口座から他の支払いをするということも出来ます。

上手に利用すれば瞬フリほど便利なサービスはありませんし、時間も曜日も気にすることなくいつでも利用できるため最も利便性が高いサービスだといっても過言ではないでしょう。

プロミス 瞬フリのデメリット

プロミス 瞬フリのデメリットとしては、通常の銀行口座への振込みを依頼した場合には平日の限られた時間で無いとそのサービスを利用することが出来ない点です。

平日の9:00〜14:30までであれば三井住友銀行とジャパンネット銀行でなくても10秒程度で振り込んでもらえますのでそれほど利便性を損なうことはありません。

しかし規定の時間を少しでも過ぎてしまえば銀行側の処理が出来なくなるため翌日の振込みに回されてしまいますし、三井住友銀行やジャパンネット銀行以外の場合は、土日や祝日といった銀行の定休日には瞬フリを利用できなくなってしまいます

三井住友、ジャパネット銀行以外の銀行であれば平日の営業時間内でしか瞬フリを利用できません。逆にいうと三井住友かジャパネット銀行の口座であればいつでもOKです。そのため、このデメリットは実質ないものと一緒ですね。

そのため瞬フリのサービスを確実に利用したい場合には、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をあらかじめ開設しておく必要があり、その点は少々面倒だと感じる人もいるでしょう。

次に瞬フリを利用するデメリットとなるのが瞬フリがあまりにも便利すぎるため、瞬フリの利用に依存しやすくなってしまうという点が挙げられます。

カードローンはプロミス以外のものも含めローンと言う名がついているように分かり易く言えば借金と同じです。

プロミスを利用する場合もプロミスからお金を借りてそれを使うということになるわけですので、自分のお金ではないということをしっかりと自覚しておく必要があります

カードでの借り入れの場合ATMまで行き自分でお金を借り入れすることになるため、お金を借りているという意識が働くことにより、ある程度の自制心が芽生えるため、無計画な借り入れになりにくい傾向があります。

しかし、瞬フリの場合その利便性の高さゆえ、ついつい借り入れをしてしまうというケースが増えることになり現金を手にすることなく口座に振込みされるためさらにお金を借りているという感じが薄れてしまうことになります。

現金を手にするATM利用の場合やはりカードローンを利用してお金を引き出したという感情になるため無理な借り入れを抑制することがある程度できますが、口座への振込みはその抑制が非常に難しくなるため使いすぎてしまうということが考えられます。

うさぎ

便利すぎるがゆえに、ちゃんと計画的に利用するという強い心が必要ですね。

特に初めてプロミスを利用する場合には注意が必要ですし、瞬フリの便利さに慣れてしまうと気持ち的にも緩んでしまい余分な借り入れをしてしまうことも増える危険性があります。

瞬フリが便利なのは間違いないのですが、その便利さが時にはデメリットとなる場合もあるので利用する場合には細心の注意が必要となります。

そのため瞬フリを利用する場合でもカードローンであることを忘れずに計画的に利用することが求められるでしょう。サービスをしっかりと理解した上でメリット・デメリットを考えて使用しましょう。

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント