プロミスのウェブ完結申込みがヤバイ! | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスのウェブ完結申込みがヤバイ!

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミスにはwebだけで申込から実際の借り入れまで完結することができるweb完結申込といういつでもできる便利なサービスがあります。

web完結申込サービスを利用すると郵送などを行う必要なくキャッシングに申し込むことができ、スピ—ディに借り入れをしたいという人やカードなしで借入をしたいという人にとっても便利なサービスです。

プロミスのweb完結申込がどんなサービスなのかや、そのメリットやデメリットなどについて解説します。

 

プロミスのweb完結申込サービスのメリットについて

プロミスのweb完結申込サービスは、インターネットによる借入金申し込みから実際の借入までのプロセスの全てをインターネット上で行うことができるという、完結型の申込サービスになっています。

プロミスでは元々インターネットによる申し込みに対応していますが、カードが発行される際には郵送されたり、自動契約機までわざわざ出向いてから契約機でカードの発行手続きをする必要があって、不便だという声がありました。

web完結申込サービスに申し込むと、そのようなカードが自宅に送られてこないという、カードレスを選択することができ、カード発行そのものがなくなって、とても便利になったというサービスです。

このサービスによって、郵送の必要がなく、カードレスにできるという完全なweb完結の借り入れが可能になりました。

 

家族にお金を借りることを内緒にしたい人には便利なサービスですね。

カードが輸送されることで、キャッシングの利用が家族にバレてしまう可能性を下げることができます。つまり、家族に知られないようにキャッシングを利用できるというメリットがあるサービスだからといえます。

もちろん、プロミスは郵送の時も事務センター名義で送られるため、簡単には家族に知られることはないといえるのですが、中には鋭い勘をもった家族がいたり、普段、郵便物があまりこない人に郵送物が届くと家族の注意を引いてしまうということもあります。

カードレスで借り入れができるに知られるというリスクがあるということで、web完結の借り入れサービスはインターネット申し込みで、カードなしを選択すると郵送物は一切ありませんので安心といえます。

 

いぬ

カードなしを選択しておくことがポイントです。

 

カードレスだとプロミスの利用はどうなっているのかという点については不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

ATMからの借り入れはできなくなるのですが、インターネットからの振り込みによるキャッシングサービスを利用することができますので、いったん銀行口座への振り込みをしてもらった後は、ATMから出金することができますので借入に問題ありません。

カードレスのメリットとして、ATMからの借り入れができないというデメリットはほとんどなく、紛失の心配がないという点も安心といえます。

くま

忘れ物が多い人にもオススメですね!

カードレスにすると、カードをだれかに見られるという心配もなくなるのです。

また、キャッシングカードをもち歩きたくないという人や、カードを自宅に置いておきたくないという人も多く、カードレスにするメリットがたくさんあるのです。

また、プロミスのサイトでのインターネット上の申し込みなどの個人情報はセキュリティによって保護されており、安心して利用ができます。

そして、プロミスでは初めての利用時の際に、メールアドレス登録とweb明細利用を行うことで30日間の無利息サービスが受けられます。

30日間無利息になると利息が30日間0円になります。1ヶ月は無利息で借入ができます。

いぬ

30日無利息ということは、30日以内に返すと利息を払わなくていいので、いいサービスですね!

web完結申し込みも同様に30日間の無利息サービスを受けられるというメリットもあって、お得といえます。

そして、プロミスでは追加返済や繰り上げ返済などは会員サイトで自由に行うことができるようになっていて便利です。

プロミスのweb完結申し込みのデメリットについて

プロミスのweb完結申し込みにはデメリットもあります。

web完結申込は契約時に口座振替を選択するように設定されています。そのため、返済は口座振替による自動引落し扱いとなっています。

返済方法は契約時の返済方法になっており、その後、他の返済方法に変更をすることができますが、当初は口座振替のみになっているという点がデメリットといえます。

その後、返済方法を変更する場合は、インターネット返済やコンビニ返済などから選択できます。

後から返済方法を選べるので、実質この点でいうとデメリットはないですね。

しかし、カードがないためATMやコンビニからの返済は選択できないというデメリットがあります。

口座振替をすることができる銀行は、三井住友銀行やジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行などとてもたくさんあるので、その点は便利といえます。

口座振替については、引き落とし銀行が三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は5日、15日、25日、月末日から引き落とし日の選択ができるようになっていますが、その他の銀行だと毎月5日のみが引き落とし日になっています。

web完結申し込みはカードレスになりますので、ATMからの借り入れはできず、振込キャッシングサービスに限定されます。

しかし、この点は、銀行口座に振り込まれた後でATM出金をするという方法でカバーできます。

このプロセスが不便という場合にはカード発行の方がより便利といえます。

プロミスのweb完結申込の流れについて

プロミスのweb完結申込の流れについては次のような流れで行われます。

まず、インターネット申し込みが行われます。そして、契約方法のところでwebを選択することになります。

その後、審査が行われ、結果を伝えてもらえます。審査に通れば返済方法で口座振替を選びます。

そして、カード郵送希望なしを選ぶと契約が完了します。
プロミスのweb完結申込で行われる審査の基準はweb完結申込の申し込みだからといって甘くなることも厳しくなることもないのです。

また、連絡方法をメールにすると、ネット上で契約可能額も確認できます。プロミスの審査に通過すると、借入金の返済方法を選択するようになります。

ここでは口座振替による返済が選択されます。

返済方法としては口座振替による返済とATMによる返済から選択するようになっていますが、ATMによる返済を選択した場合は契約書類やカードが自宅に郵送されるようになりますので、郵送なしで借入したい場合は口座振替による返済を選択しましょう。

そして、カード郵送の希望はカード郵送希望なしを選択すると郵送物なしの完結申込になります。
振込によるキャッシングで平日14時までに契約が完了すると当日振込が可能となり、契約翌日以降、平日14時50分までに振込指示をすると即日振込も可能となります。

いぬ

その日に申込んで、その日の内に借入が可能というわけですね。急いでいる場合にとてもいいですね!

急いでいる場合はこの点に注意をするようにしましょう。
そして、三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座をホルダーの方は瞬フリサービスが受けられるので、24時間いつでもインターネットバンキングで借り入れでき、いつども最短10秒で口座へ瞬時に 振込みをしてもらえるというサービスが利用できるのでとても便利です。
このようにプロミスのweb完結申込ではいくつかのサービスを選択することでカードレス+郵送なしでweb完結の借り入れができるというメリットがあります。

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント