プロミスの限度額引き上げるためにすること、注意点を解説 | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

プロミスの限度額引き上げるためにすること、注意点を解説

借り方のコツ
Pocket
LINEで送る

プロミス 限度額はいくらまで申込みできる?

プロミスのカードローンを利用する場合重要になるのが一体いくらまでなら借りられるのかという限度額の存在でしょう。

プロミスの限度額は最大で500万円までとなっており、それ以上の借り入れをすることが出来ない仕組みとなっています。

もちろん返済をすれば枠に余裕が出るので最大500万円までであれば何度でも借り入れが可能なのでその点は便利だと言えます。

しかし申し込みをすれば誰でも500万円を借りれるのかと言えばそんなわけはなく、一人一人利用できる限度額と言うものが異なった状態で契約を行うことになります。

プロミス 限度額における限度額となる500万円と言うのは、条件が揃っている場合に最大で500万円までの利用が可能になると言うだけであり、実際に500万円を借りれる人はほとんど存在していないと言えるでしょう。

何故ならプロミスは消費者金融のため貸金業法の法律に則って営業を行い貸し付けをしてくれます。

この貸金業法には総量規制と呼ばれる規制があり、その規制では年収の三分の一までの貸し付けまでしか許可されていません

くま

年収の3分の1というのは法律で定められている決まりだね!

それ以上の貸し付けをした場合貸金業法違反となるためプロミス側に厳しい罰則が科せられるため、利用者が幾ら望んでも総量規制で定められた以上の貸し付けは不可能ということになっています。

そのためプロミスが設定している最大限度額まで借りたい場合、年収1,500万円が必要となりますし、1,500万円を稼いでいる人は一般社会人の中でも非常に稀な存在だと言えます。

サラリーマンの平均年収は2016年の時点で440万円程度となっていますので、それを基に計算した場合一般的なサラリーマンがプロミスで利用できる限度額は146万円程度と言うことになります。

そう考えた場合プロミス 限度額である500万円はまず借りることが出来ない金額だと考えた方が良いでしょう。
それと年収440万円の場合でも初めてプロミスを利用する場合には最初から146万円程度が利用可能になるわけでは無く、ほとんどの場合50万円を限度額として利用開始することになります。

これはプロミス側もリスクを軽減する必要があるためで、50万円からスタートして利用に問題が無ければ徐々に限度額をアップできる仕組みとなっており、仮に年収が1,000万円であったとしてもその三分の一となる300万円超の金額を借りることは出来ません

限度額はあくまでも設定されている限度ですので、最初から利用できるものではないと理解しておく必要があります。

初心者の場合ホームページなどに記載されているプロミスの限度額をそのまま信じてしまうことが多いので、この点には特に注意しましょう。

申込するときのプロミス 限度額の確認方法は?

プロミスに申し込みする場合には、自分が利用できる限度額を知ったうえでそれを越えない金額での申し込みをする必要があります。

何故なら申し込みした金額が総量規制を越えていた場合、その時点で審査を通過することが無くなってしまうためで、そうなると収入に問題は無いのに審査落ちといった結果になる可能性が極めて高くなります。

審査落ちしてしまうとすぐに再申込み出来ませんし、行った場合も繰り返しの申し込みは問題視され易いので当面の間はプロミスへの申し込みが出来なくなってしまいます。

それを防ぐためには自分が利用出来るであろう限度額を計算してそれ以内の金額での申し込みをする必要があります。

いぬ

まず年収の3分の1までしか借りることができないルールを知っていれば、ムダに増額の申込に落ちることはなくなるね。

自分の限度額は総量規制に則り年収の三分の一として計算すれば現在利用可能な最大限度額を簡単に導き出すことが出来ます。

年収250万円であれば83万円程度が限度額となりますし、300万円であれば100万円が限度額となります。

ただし先述したとおり初めての利用申し込みの場合は50万円以内の申し込みに抑えることが必要となるので、出来るだけ低い金額での申し込みをする方が限度額に関わらず審査を通過しやすくなります

プロミスでは限度額の増額は可能?その方法とは?

プロミスに申し込みを行い無事契約が出来た場合、現在の限度額を増額するということも可能になります。

年収の三分の一が限度額となるため、300万円の年収の場合100万円まで利用可能ということになります。

最初は50万円でスタートした場合には、あと50万円分の増額が可能になるわけですから、プロミスに対して増額申請を行うことで今よりも限度額をアップすることも出来ます。

その場合の申し込み方法としては、店舗に行き増額申請を行う方法と、インターネットから増額申請を行う方法が主な方法となります。

店舗に行った場合は店員に増額申請をお願いすることでその場で増額が可能になります。

その場合、

  • 身分証明書
  • 収入証明書

が必要になるのでそれを忘れないように準備しておく必要があります。

増額した金額が50万円以下であれば収入証明書は必要ありませんが、すでに50万円の利用が可能な状態で増額を申請した場合には、必ず収入証明書の提出が必要となります。

ねこ

50万円以上の増額申込は必ず収入証明書の提示が必要になるよ。これは他の消費者金融でも一緒だね!

インターネットでの増額申請はプロミスのマイページからいつでも申請可能となっており、店舗に行く手間なくパソコンやスマホで申請を行えます。
増額申請を行う場合に注意しなければいけないのが、プロミスを契約して間が無い場合には申請をしてもそれが却下されてしまうことがあります。

何故なら増額申請を認めてもらうためにはある程度の期間プロミスを利用した実績があり、その実績に問題が無い場合のみ増額が認められるためです。

期間的には少なくとも1年程度の利用を継続的に行う方がより確実に増額申請がスムーズに通過できるでしょう。

プロミスを契約してカードを発行しても、利用が無い場合は長期間契約していたとしても利用実績が無いので増額申請をしても審査でNGとなる可能性があります。

重視されるのは利用して返済を滞りなく行ったと言う実績ですので、契約期間が長くても利用がほとんどない場合は増額するための信頼が足りていないことになります。

いぬ

貸したら返してくれた。という実績があれば、何もない人に比べて融資側も貸しやすいね。

それと遅延や延滞を1度でも行ったことがある場合は、それが問題視されて増額申請が却下される場合も有ります。

少なくとも増額申請を行う6ヶ月以内は問題が無いようにしておく必要があり、それが守れていない場合は審査を通過できないと考えた方が良いでしょう。

増額できる金額はその時の状態により異なり、10万円しか増加食出来ない場合も有れば数十万円の増額が可能になる場合も有ります。

場合によってはプロミス側から増額しませんかと連絡が来る場合も有るので、このケースに関しては増額申請をすれば審査を通過できるでしょう。

プロミスを利用していて限度額が下がる場合も?

増額申請をする際に提出することになる収入証明書によっては今までよりも利用できる限度額が引き下げられてしまうケースもあります

これは申し込みをしたときよりも年収が減っていた場合に起こる現象で、申し込みをした際に正社員で300万円の年収だったのが現在はパートで180万円程度しか収入が無くなっていた場合、収入証明書を提出することで増額ではなく減額になってしまいます。

これは総量規制が関係しているためで、年収が下がることにより限度額も引き下げられてしまうので、増額申請をする場合にも現在の年収が前よりも増えたのか減ったのかを正しく理解した上で申し込みをする必要があります。

減額されてしまうと今までよりも利便性が悪くなるのは言うまでもないので、増額申請にはそういったリスクがあるということも理解しておいた方が良いでしょう。

Pocket
LINEで送る

借り方のコツ
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント