芦屋市の過払い金取り立て訴訟 プロミスに支払い命令 | プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

芦屋市の過払い金取り立て訴訟 プロミスに支払い命令

Pocket
LINEで送る

過払い金とは

昭和43年に過払い分を返還請求できるという判決が最高裁からでました。それ以降金融業者が取りすぎた利息分を取り戻せるようになり、司法書士、弁護士が武富士やプロミス、アコムなどを相手取って過払い金請求をおこなうことが増えました。

このようなことが起きた理由として、出資法5条2項所定の年29.2%を超えない限り刑事罰には問われないという法律があります。貸金業としてはより利益をあげるために金利をあげ、多くの利息を払ってもらうことで売上をあげていました。

本来であれば、利息制限法というものにより融資金額により利息が決められています。10万円未満であれば年20%、100万円未満で年18%、100万円以上で年15%と定められています。しかし、刑事罰になるのは年29.2%以上の金利を設定した場合となり、利息制限法と刑事罰がある出資法には金利の乖離がありました。

この利息制限法と出資法の乖離した部分はグレーゾーン金利と呼ばれ、実際の運用としてはグレーゾーン金利内で貸付を行う貸金業者がほとんどでした。

つまり、利息制限法より多く払ってしまった金利、過払い分を払いすぎてしまったお金として返済中であっても、返済後であっても貸金業者から取り戻せるお金のことを過払い金と呼ぶようになりました。

過払い金の請求について

貸金業者が素直に「過去に過払い金がありました。」と1人1人に返還するものではありません。

過払い金の請求がされた場合についてのみ、返還を行うといった対応を取っています。しかしながら、取りすぎた過払い金はとても大きく、過払い金請求があった人にみ返還を行ったももの資金不足になり多くの資金力のない消費者金融が実質的な倒産となり、銀行系に買収されています。

インパクトがあったものとして、消費者金融の武富士は2006年の判決により過払い金を返還する必要がでてきました。その額は推定2兆円とも言われています。

過払い金の返還請求には期限があり、借金を完済してから10年とされています。ただ、完済後にまた借り入れた場合など複雑なケースやもし計算ミス等があれば返って来るはずのお金が返ってこなくなるので、過去に借金があった人については、無料で相談できる司法書士や弁護士に一度相談すべきです。

話がそれましたが、今回の芦屋市の市税については、本来であれば過払い金請求を借りた本人が行わなければならないことを、行政が代わりに行ったという事例となります。

行政としても取れるところから取ってしまおうという、当然といえば当然の流れです。別の考え方をすれば過払い金請求の期限が迫っている中、未だに過払い金を請求できていない方もかなりの数存在するのではないかという推定ができる判例でもあります。

Pocket
LINEで送る

NEWS
プロミスでお金借りたらヤバいですか?実際借りたけど大丈夫だった

コメント